​清水文太

Bunta Shimizu

STYLIST/CREATIVE DIRECTOR/ARTIST

SINGER/COMPOSER/LYRICIST/WRITER and more.

職業は、僕らの生きてるこの世の中が決めたものであって、僕らの本質には何ら関係もない。

​僕は、僕がやれることを、ただやろうと思う。

​1997/12/1 

スタイリストとして、19歳から水曜日のカンパネラのツアー衣装や、著名人、テレビ・企業広告のスタイリング、Benettonをはじめとしたブランドのアートディレクションを手掛ける。コラムニストとして雑誌「装苑」の連載などに寄稿。11/20にアルバム「僕の半年間」を発売。RedbullMusicFesでのDJ・ライブ出演など、アーティスト・スタイリスト・アートディレクターとして多岐にわたる活躍を見せている。

 

​CREATIVE/STYLIMG/ART DIRECTION

MV PV STYLING

​MEDIA

​INTERVIEW

NEWS

​MUSIC

COLUMN

1/4

​SHOP

​CONTACT

1997〜2020 by Bunta Shimizu

見えないものへのラブレター

COVID-19が蔓延するなか、僕達は何を見なければならないのか。 そこで最初に頭に浮かんだのは、見えないものについてでした。 パンデミックが起こると、決まって人間は争いを起こします。まるでジンクスのように。でも、そこから何が大切なのか学んで、少しずつ進化していくものだと思うんです。 今、世界で起こっているようなことだってそう(もう、メディアで鼓膜が敗れるくらい聞いたし、見ただろうから、あえて詳しくは書かないけれど) 僕らは見えないものと向き合ってる。 人種差別や、この国の政治もそうだけど、それより、何より僕らが何に愛を持って生きてるのか。それが判ったはず。 本当に大切なものってなんだろう。 本当に大切な人ってなんだろう。 本当に大切な、自分の心って、どこに在るの? そんな、見えないものに対して愛を送ろうじゃないか。 そう思い、制作に至りました。 僕の大切な人達に、見えないものにラブレターを書いてもらいました。 渋谷のホテル sequenceの客室に設置されてる。リンクからよかったら。

Go to link